« フォトブック作りました。 | トップページ | 写真展、今日までです。 »

2017年10月16日 (月)

写真展、始まります。

僕のブログを見て頂き、どうもありがとうございます。

以前に案内させて頂きました写真展、「渋谷ルデコねこ写真展」
明日より始まります。
今日が写真の搬入日で、展示もしてきました。
明日からの写真展、人は来てくれるのか、どんな反応が返ってくるのか・・・など、
ほんと、凄く楽しみです。
(僕の在廊日は、21(土)22(日)の午後から。 そして、17(火)19(木)20(金)は、
仕事が早く終わりましたら、会場に向かいたいと思っています。)
どうぞ、よろしくお願い致します。

Photo

Photo_2

0b9a5466

0b9a5784

0b9a5847

5852

« フォトブック作りました。 | トップページ | 写真展、今日までです。 »

写真展。」カテゴリの記事

コメント

ベル&ロス(Bell&Ross)ってどんなブランド?
例えば、ベル&ロスの一部の腕時計に施されているカーボンコーティングは強度が高くなく、傷つきやすいという特徴があります。
その間、1015年には、若い友であり、また同時に妹の息子すなわち甥でもあったデンマーク王クヌーズ2世のイングランド遠征の援助をするため、自らの軍の一部を貸し出し、北海帝国の建設を援助した。
他の腕時計に比べて、外観に傷が付きやすいのです。
つまりベル&ロスに詳しくない買取店であれば、他の腕時計と比較して傷の多いベル&ロスを単純に減額査定してしまう危険性があるということです。
このような外観的特長まで知ったうえでないと、適正な査定額は出せません。
またBR01シリーズなどの独特の外観をもつモデルは、コアな層が好む傾向にあります。
ロレックスなどの超有名ブランドに比べてファンが多くなく、まだまだ「知る人ぞ知る」ブランドであるベル&ロスは、腕時計初心者には敷居が高め。
ベル&ロス(Bell & Ross)というと、代表的なスクエア(角形)ケースの「BR」コレクション -今は「アヴィエイション(Aviation)」という名称で分類されているみたいですが- の印象が強いと思いますが、ヴィンテージ軍用腕時計のデザインをベースに今風にリファインした「ヴィンテージ(Vintage)」コレクションもベル&ロスの人気コレクションです。
実は、ベル&ロスの腕時計は、他の高級腕時計に比べて買取が難しいと言われることもあるのです。
ベル&ロスの腕時計を売るときに一番気を付けるべきは、買取店選びです。
オーバーホールをしたとしても、買取価格にそれをペイできるだけの上乗せは期待できないからです。
そう思わせることができれば、買取価格にも期待ができるというわけです。
ベル&ロスを取り扱っている腕時計買取店にとっては、なんとしてでも欲しい! ドイツの腕時計ブランドジン(Sinn)をリスペクトし、共同で腕時計を製造したことからベル&ロスの歴史は始まります。
まず一つに、ベル&ロスというブランド自体の歴史が浅いことがあげられます。
歴史が浅いと買取相場も発展途上の状態になるので、ショップによって買取価格にバラツキが出てしまうのです。

スーパーコピー https://www.cocoejp1.com/NewsDetail.aspx?Id=2019083006094327447

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 写真展、始まります。:

« フォトブック作りました。 | トップページ | 写真展、今日までです。 »

2020年6月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ